frannちゃんのdarlingさま からのメール 


いつも frannyをご心配いただき有難うございます

皆様には申し訳なく思いながら、メールを確認する事も出来ない状況にありました


私は多額の負債の返済のため、昼夜を問わず働いております

正直なところ、この1ヶ月あまり パソコンを開くことも出来ませんでした


書類上、住所は以前のままですが実際に横浜のマンションには、現在おりません
ある方たちに居住者となってもらいオーナーにも了承頂きました


ご心配頂いているfrannyの事をお話しせねばりません


自発的に意識が回復する事は今後 ないということです

更に この状態での生存は持ってあと2ヶ月だそうです

最先端の医療チームによる大手術ではありましたが 手術の前から 状況は厳しいことが分かっていました

手術をしても しなくても 同じような確立だと分かっていました
以前、frannyは もしも装置で生命が維持されるようになったり、Coma(昏睡)の状態のまま回復しないとわかったとしたら、Stopしてね そのお金は○○が生きるために使って欲しいと言いました


きっと迷うだろうからと 直筆の文書まで用意していました
Doctorともその点について話し合いましたが
あとは私次第だということです
到底 私が答を出すことなど出来ません

先日、frannyの父上が旅行先で亡くなりました
余命宣告を受けてからの旅でした

結びの言葉が思い浮かびません
今後の事もどうして良いのかわかりません
皆様には本当に申し訳なく思っています 感謝しています
frannyがブログに帰ってくることはもう出来ないとご報告しなければなりません

ファンブログの方のみならず アメーバブログやその他沢山の人たちとの交流があったようです

しかしながら私は履歴をたどる余裕もありません

心配くださる方々に、お知らせすることも出来ずにおります

もし差し支えなければ 誠に恐縮ですが 皆様へお知らせくださると幸いです


これからはどうか心の隅で時々思い出してやって下さい


今まで本当に有難うございました
今後は大変失礼ながら返信控えさせて頂きます
勝手をお許し下さい

皆様のご健康をお祈りいたします
今まで沢山の支えとお力を頂き感謝しています
有難うございました